スポンサーサイト

  • 2014.06.23 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    俺は何もしてやれなかった

    • 2014.03.13 Thursday
    • 20:04

    死は生の対極としてではなく、その一部として存在している。
    死はいつか確実に我々をその手で捉える。しかし逆に言えば死が我々を捉える
    その日まで、我々は死に捉えられることはないのだ。
    生はこちら側にあり、死は向こう側にある。
    僕はこちら側にいて、向こう側にはいない。

    ノルウェイの森 村上春樹

    本日、此れで最後であろうと五回目の永遠の0を観に行って参りました。
    見る回数を重ねるごとに重たくずっしり歴史を感じます。
    冒頭シーンが一番好き。
    映画見終えて、また原作を読み返す。
    その繰り返しをして三ヶ月も経ったけれど、作中にあるように、「特攻に行った者の気持ちは、行ってない者とは雲泥万里の違いがある。」とあるのですが、それは現代を生きる私たちに向けた物でもあるのでしょう。

    本屋に立ち寄ると、政治の棚には現代の日本人の思想や能力政治のありかたを危ぶむ書籍がずらりと並んでいました。

    まだまだ若造。
    まだまだ未熟者。
    無知な私。

    もっとしっかりいろんな事を考えねばならない。

    もういい歳を迎えているので此処で少しこれからの事、深くじっくり考えて生きたい。



    写真とは作品は異なりますが、通じるところがあるなぁと。
    ノルウェイの森。高校の時初めて読み、衝撃を受けました。

    私はやっぱり映画と本が大好きだ。

    DVDが出たら感想とかめいいっぱい語りたいな。

    スポンサーサイト

    • 2014.06.23 Monday
    • 20:04
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM